再就職活動 人と会おう行動しよう

再就職までの期間は短く

たとえ、あなたがすばらしい経歴の持ち主だとしても、離職期間が長すぎるのは問題です。 離職期間が1年以上もあるようでは、あなたの人脈も情報も錆び付いてしまいます。

企業側も、特別なことでもない限り、離職機関が長い人を敬遠します。

失業手当をもらいながらゆっくりなどと考えていたのでは、いつまでも仕事を手に入れることはできません。

転職セミナー 異業種交流

再就職先を探すのに、どんなことをしていけばいいのでしょうか。

まず、人の集まるところに行くことです。

あなたは、周囲の状況や現在のビジネスシーンについてどのくらい知っていますか?
知っているつもりでいても、実際には自分がいた会社のことだけしか分かっていなかったなんてことはありませんか。

失業するとなおさら、外に出ることに臆病になってしまい、情報がなかなか入ってきません。そこで、転職セミナーや異業種交流会に参加することをお勧めします。

失業中で情報が少ないのですから、人が集まる場所には積極的に行くべきです。

失業し肩書きを失って、消極的になっているようでは駄目です。再就職を成功させるためには、素早い行動が必要です。

不満や不安を抱えたままウジウジしていても仕方ありません。

前進しましょう。


名刺を作ろう

名刺を作りましょう。「エッ!!肩書きは何?」そんな声が聞こえてきそうですが、今のあなたに肩書きはありません。

表面の通常会社名や肩書きが入る部分には「再就職活動中」と書き、名前と連絡先を書いておきます。あなたの写真入りなら、顔もしっかり覚えてもらえますからさらにいいですね。

そして、裏面には、あなたの紹介文を書きます。 名刺は、あなたを売り込むためのツールです。履歴書や職務経歴書よりも効果があります。

紹介文は、あなたの得意分野について、自分の持っている技術やスキルをまとめたものにして、自己PR文を書いておきます。

その名刺を持ってセミナーや異業種交流会に参加して、どんどん配りましょう。同窓会などでもかまいません。再就職のチャンスを増やしていきましょう。

あなたの名刺を受け取った人はが直接再就職の声をかけてくれなくてもかまいません。「今は自分のところで求人はないけれど、知人のところで人を探している」ということだってあるのです。

失業していることを隠すのは損です。早く再就職を勝ち取るために、周囲に自分が失業して仕事を探しているという情報をどんどん発信していきましょう。

名刺の裏に書く自己PRは、他人には負けないこと、これなら自信があるという具体的なものがあればその効果も大きいでしょう。

でも、資格もスキルも持っていないというのなら、あなたの人柄や個性、仕事に対する姿勢など、相手があなたについてイメージできる内容を書いてみましょう。

「仕事の向き不向きを考える」を読み直すと、参考になると思います。

日本の求人丸ごと検索





posted by TOSHI at 18:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | 再就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
職美人さん、ご訪問ありがとうございます。

就職にためになる情報が満載なブログですね♪

参考にさせて頂きます。今後ともよろしくです。
Posted by nori at 2008年02月01日 19:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。