再就職に勝つ職務経歴書

職務経歴書の目的は、あなたがこれまでどのような会社でどんな仕事をしてきたのかを書いて、経験と実績をアピールするものです。

ただ書けばいいというのではなく、しっかりと読んでもらえるような工夫をしなければならないのは当然のことです。

自己PR書のポイントの記事も参考にして下さい。

求人サイト

読んでもらえる書類のポイントは、2つです。

それは、「動詞を使って書く」ことと「自分の業績や成果を数値化」して書くことです。

単に役職などを書いても、それを読む担当者にはあなたに何ができるのかが分かりません。

数字というのは、売り上げだけとは限りません。自分の部下の数、開発した商品の数、その商品でどれだけの売り上げがあったのか、あなたの企画で業績がどのくらい伸びたのかとか。仕事について、数値で示せるものがあるはずです。

採用担当者が知りたいのは、あなたがどのくらいの利益や売り上げに貢献できるのかを知りたいのです。

書く順番に、書き方の工夫例をあげておきます。

1、氏名を記入、写真も貼っておきます。

2、 仕事に役立つ資格を書き、自己PRします。

3、住所連絡先、緊急時のために、携帯電話の番号も記入しておきましょう。

4、セールスポイントを書きます。自分の強い分野です。動詞を使って、なるべく具体的に書いてください。

5、職歴は、年代の新しい順番に並べます。時間の流れとは逆行しますが、採用担当者がどのような仕事で戦力になるかがイメージしやすくなります。
また、履歴にはそのときの具体的な成果を一つひとつ取り上げ、それを達成するために行ったこと、工夫したことも書いておきます。

6、志望職種。なぜその職を希望するのか理由も添えて書きましょう。

7、学歴、生年月日などを書きます。書類の最初の部分にこの項目を書かないのは、採用担当者に「セールスポイント」や「実績」などの自分の売りを読んでもらうための工夫です。

日本の求人丸ごと検索






求人情報60,000件以上、転職ポータルサイトのジョブダイレクトでは、転職希望者の新規会員登録(無料)の増加を目的としたプロモーションを展開します。

会員登録すると履歴書、職務経歴書のサンプル閲覧やダウンロード機能、さらに転職希望者の希望条件にマッチしたおすすめの人材紹介会社の紹介など、転職活動を効率化する  便利な機能が使えるため、多くの転職者の方々にご利用いただいて好評です。

「6万件以上の求人情報」「人気転職サイト30サイトからの転職ノウハウ」などジョブダイレクトのメリットを無料でご利用下さい。

最新の求人情報を検索⇒

転職
posted by TOSHI at 23:18 | Comment(1) | TrackBack(1) | 再就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
悪徳人材紹介会社を「斬る!」(悪徳人材紹介会社データベース)

当職が4年間に亘り調査した、悪徳人材紹介会社をブログにて公開し、求職者の利益を図ります。
「登録後、紹介がない」
「履歴書が勝手に処分された」
「態度が横柄」
など、求職者を馬鹿にした実績のある人材紹介会社と、その被害例を一挙公開!
(会社名の数字・記号は、厚生労働省の有料職業紹介業の許可番号)

また、人材紹介会社でひどい目にあった方は、当職までご一報下さい。
(謝礼等はございませんが、当データベースへ「被害例」として紹介させていただきます)
通報先 → ブログ内ゲストブックのコメント欄へ記入下さい。
記事確認後、許可番号、他の被害者・被害例等の確認が取れ次第、被害事例として掲載します。
Posted by 古泉 米夫 at 2008年02月11日 15:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

中高年の再就職
Excerpt: 中高年再就職のススメ 中高年の人が再就職をするのは、本当に難しい。 仕事はあっても、新卒の人たちを好んで雇っている企業たち。 中高年の人ってなかなか雇ってもらえないんですよね。 中高年再就..
Weblog: 広島のIT社長を目指す、男の独り言
Tracked: 2008-03-09 15:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。